ヘレン・ケラーのあと3万円せめて5千円

ばついち・子連れ・賞味期限切れ・・ついに失業・・人間不信?・・世の中には平気でうそついて自分を守るためには何をしても恥ずかしくさえないって人間が普通に存在しちゃうんですねえ・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃんと本を読める子になって欲しくて・・

私は子供の頃すごく本好きの子供でした。ついつい遅くまで本に夢中になって怒られちゃったり、本を買ってもらうと、もう、すぐにかじりつくように読んですぐに読み終えてしまったものです両親も本好きで、いろんな本を買ってもらいました。
リンドグレーンとか(ながくつしたのピッピだけでなく名探偵カッレ君とか・・一番好きだったのは「やかまし村の子供たち」日本ではしないいろんな行事・・想像して楽しみました)

ところが当然本好きになると思われた娘は・・
小さな頃から読み聞かせもしたし、いろんな本も買ってみたんだけど・・本屋さんに行っても「マイクがついてる本」とか「音が出る本」「キャラもの」以外には興味なし・・
すっきりしたものです。

(それでも赤ちゃんの頃には読んでもらうお気に入りの本はあったけど)

なので
mi:te[ミーテ]こんなサイトに登録してみました。絵本を通じてのパパ・ママの交流サイトです。

映像と違って、想像して楽しむのが絵本
さらには読み聞かせって子供と静かな共有の時間を持てる大切なひと時(最近は時間に追われてなかなか落ち着けないのも確か・・)
できたら自分が子供の頃本当に好きだった本を子供にも面白いって思いを共有して欲しいんだけどなあ・・

さてミーテではフィンランドのママとの交流もできるそう・・フィンランドって「読み聞かせ」が当たり前で浸透してるんだとか・・北欧って夜が長くて閉ざされてる感じですもんね・・家族みんなで暖炉の前に集まって団欒・・ってイメージありますよね。(リンドグレーンはお隣のスエーデンだったはず)フィンランドはムーミンですよね。そういえばフィンランドは子供の学力も高くてさらにその頭のよさの中身が注目されてるんですよね。「理論的な発表力や発展して考える力がある」んだったかな?

読み聞かせって「もうそろそろ大きいんだから自分で読みなさい!」じゃなく読んでもらうことに子供は意味があるって話も聞いたことがあります。
でも・・赤ちゃんのときです・・娘は私が読んであげようとするといつも奪い取って、進めさせてくれない聞いてくれない・・そう思ってたある日・・娘が1人で本を寝転がって開き「ギャーギャーギャー」大きな声で・・娘にとって本ってうるさいものだったんです・・
かなりのショック・・押し付けだったのかしら?
(あ・・これってみんなそうみたい・・はじめは聞きもせず、本を閉じちゃったり)

このサイト自分の読み聞かせ日記を書いて公開したり、ヨミトモさんの読み聞かせ日記を見せてもらったり・・自分と子供の成長記録にもなりますね
(もっと赤ちゃんのときに知りたかったかな)プレママにおすすめとか自分で推薦したい本も見てもらえるし・・本好きママや本好きになりたい方におすすめですね。

子供の反応・成長の時期にあった本の選び方などもここで情報収集できると思うし・・
(本好きになってほしいのに・・なんてあせりも、解決するかも)

こんなサイトがあるんですねえ・・
にほんブログ村 家族ブログ シングルママ・シングルパパへ






Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

おすすめは・・

ヘレン・ケラー

Author:ヘレン・ケラー
FC2ブログへようこそ!

タイプ5 タイプ1 ニッセン ファンケルオンライン

ついつい買っちゃう「きれいの素」

DHCオンラインショップ DHCオンラインショップ

最近の記事

記事型アフィリもA8です。

ブログにのせられる案件が本当にたくさんあります。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

editaのブログパーツ

edita.jp【エディタ】

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。