FC2ブログ

ヘレン・ケラーのあと3万円せめて5千円

ばついち・子連れ・賞味期限切れ・・ついに失業・・人間不信?・・世の中には平気でうそついて自分を守るためには何をしても恥ずかしくさえないって人間が普通に存在しちゃうんですねえ・・

Entries

子どもを守るには・・

夏休みだからというわけではないでしょうが
普通のこが普通にしてても事件に巻き込まれてしまう事件が多くて
心配しだすと、もう本当にどうしたらいいのか・・って気持ちになってしまいます。
少なくとも私が子どものころには先生は本当に信頼していいひとで、近所のよく知ってるおじさんやお兄さんもたとえば出先で声をかけられても安心していい人だったのではないでしょうか?
って言うか「何かあったらまず周りの大人に助けを求めよう」だったのではないかと思うのですが・・
今、「たとえよく知ってるおばさんでもママと一緒じゃないときにはついていっては行けない」って教えなければなりません。
子どもは知ってる人な範囲がわからないのでたとえ相手が名前を知ってても自分が知らなければ知らない人って教えなければならないし・・
ずっと小さいときに親しくしてて、久しぶりに会ったからって声をかけても子どもが忘れてたら「知らない人」ななっちゃわなきゃならないんです。
通学路を学校が終わった時間に歩いていても危ない・・
防犯ベルに、追跡機能のある携帯に・・
監視カメラに・・
それでもそれは何か起こったあとに犯人を捜す手ががりにしかなりません。
だからといってずっと毎日ついて歩くわけにも行かないし、そうしたところで本当に防げるの?
先生だということをいいことに子どもにわいせつなことをする先生
幼児のわいせつ写真を交換し合う大人たち(自衛官や法務局関係者もいたとか・・仕事を離れたら個人の趣味は自由?許される範囲の趣味って?)
こんなのって今までは人にわからなかっただけ?
こんなプログがあります。セコムと話そう「子供の防犯」ブログ
セコムは防犯のプロなので、ただ心配するよりはこちらをチェックして少しでも子どもを守れれば・・と思います。
子どもが犯罪に巻き込まれるのって親が管理しきれない状況も原因ありかなとは思うのですが、機会も多すぎますよね・・家でインターネットしてても、情報を収集されちゃったり、出会い系サイトに入っちゃったり・・(子どもだっていろんなことを早くから知ってるので興味が先行しちゃうことも・・)
そうして今の子って言うことや見掛けはすごく大人っぽくても妙に中身は子どもだったり・・アンバランスだな・・って思います。
そんなことも、いろいろなことに繫がって行っちゃうのかも知れませんね。
ただ、子どもは弱いからってことを平気で利用する身勝手でずるい大人を許してはいけないと思います。つい、や出来心?でしていいこととしていけないことがわからない大人が多くなってしまったのでは・・と思います。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

おすすめは・・

ヘレン・ケラー

Author:ヘレン・ケラー
FC2ブログへようこそ!

タイプ5 タイプ1 ニッセン ファンケルオンライン

ついつい買っちゃう「きれいの素」

DHCオンラインショップ DHCオンラインショップ

最近の記事

記事型アフィリもA8です。

ブログにのせられる案件が本当にたくさんあります。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

editaのブログパーツ

edita.jp【エディタ】

ブロとも申請フォーム