ヘレン・ケラーのあと3万円せめて5千円

ばついち・子連れ・賞味期限切れ・・ついに失業・・人間不信?・・世の中には平気でうそついて自分を守るためには何をしても恥ずかしくさえないって人間が普通に存在しちゃうんですねえ・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簿記検定 私の勉強法

私のブログ「簿記2級」「簿記独学」で検索してくださる方が結構いるので、「私の勉強法」なんて偉そうで恥ずかしいですが参考までに・・
参考になったらうれしいです。

日商簿記3級、2級と続けて受験して思ったこと
「簿記を理解するためにする勉強」と「簿記検定に合格するためにする勉強」は違うんじゃあないか?ってことです。
合格するための簿記学校のテキストは「過去からの例から考えて・・」ネット上に公開されてる簿記検定の問題の解説などでも「ここは苦手ならスルーしちゃっても他ができてれば大丈夫」的な解説もチラホラ
合格するためには「70点取れればいい」
ちなみに1級だけは100点満点で合格したって実績を残すために受かっても100点目指して再受験する人がいるんだそうな・・

なので・・
私はテキストをさっと読んで、次はラインを引きノートにまとめ、関連問題を解いて
と一通り終わったら後は過去問や予想問題を2時間で解く練習に時間をかけました。
総合問題を解き始めるとテキストにはさらっとしか出てこなかったことでも頻繁に「深く」出てくるところも、大体度のあたりが出やすいのかもわかってきます。さらに自分がどこが苦手なのかも
ちなみに私は工業簿記は「総合原価」商業簿記は「特殊販売」が苦手でした。なのでそこはテキストと問題集に戻って勉強しなおしたりも

またまとめたノートは各単元ごとに余白を多く取っとくのが良かったです。
過去問になったとたんに「良く出る特有の言い回しの問題」とか出てくるので
ついついやってしまう間違いとか、過去問になってから出てきたことなどを書き足してみたり、
これを電車の中とかで見て勉強することもしました。(試験当日もね)

さて使ったテキストたちは・・
0715 003


工業簿記はTACの「スッキリわかる日商簿記2級(工業簿記)第3版」わかりやすい普通の言葉での解説が一番わかりやすかったので・・
良かったのは問題集とテキストが別れずに同じ本だったことと解答用紙がネットから何度でもダウンロードできること(この解答用紙がダウンロードできるのって大事です。同じ問題を何度でも・・)

商業簿記は日商簿記2級商業簿記中嶋浩之のなるほど!わかるテキスト中嶋浩之のなるほど!とけるトレーニング日商簿記2級商業簿記こちらは問題集が別れてるのにしました。問題をたくさん解いたほうがいいかなと思って
こちらもわかりやすくてポイントもまとまっていたので使いやすいテキスト
問題集の解答用紙もダウンロードできるのでした。

もうひとつの工業簿記用の問題集
こちらは「簿記の仕事を理解するための問題集でしたねえ・・
難しい・・解答用紙が別れてもいなくて問題集に直接書き込まなければならない
帳簿をどうつけるかって問題が多い・・言葉が難しい・・
実は半分しかできず解答を見てもまったく理解できない問題が多く
困っちゃう問題集でした。(誰か質問できる人がいないと使えないんじゃあないのかしら?)

さてもっとも愛用した日商簿記検定模擬試験問題集2級第2版
過去の検定問題3回分と予想問題8回分が本試験と同じ形で色も同じ緑色で掲載されてます。
解答用紙はダウンロードはできませんが別に切り取れるようにミシン目も入って入ってるので、それをコンビニへ行って何度もコピー(多いのは6回くらいやりましたよ)
時間はかって、2時間集中してやります。
解説も別冊でとってもわかりやすい説明があったので、難しかった問題は解説を見ればなっとく

参考になりましたでしょうか?

ちなみに・・1級はあまりに難しく体調悪いのを理由に延々滞っております。
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

おすすめは・・

ヘレン・ケラー

Author:ヘレン・ケラー
FC2ブログへようこそ!

タイプ5 タイプ1 ニッセン ファンケルオンライン

ついつい買っちゃう「きれいの素」

DHCオンラインショップ DHCオンラインショップ

最近の記事

記事型アフィリもA8です。

ブログにのせられる案件が本当にたくさんあります。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

editaのブログパーツ

edita.jp【エディタ】

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。